PRO Select Project Archery Forum

Please login or register.

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
詳細検索  

お知らせ:

バージョンアップしました。ごゆっくり、お楽しみください。

ページ: [1]   最下部へ

投稿者 スレッド: Resistance テンションタイプについて  (参照数 5158 回)

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Resistance テンションタイプについて
« 投稿日:: 2014/11/17 23:39:01 »

こんにちは、先日Stan Elementを購入させていただきました。
初めサムトリガータイプを使っていたのですが、リリースしようとすると、ぴくんと力が抜けて大きく矢がそれてしまうので、
Resistance テンションタイプだと、理論的には、トリガーが切れるまで引き手を引き続けていることになり、絶対に力が抜けると言うことがないと考えました。
なるほど、そういう意味では、成功したのですが、ほかのリリーサーといっしょで、そのときによってぱっと切れるときとなかなか切れないときもあります。これが、自分のせいなのか、リリーサーのせいなのかちょっと不安になりました。
使用する前に、まずボウスケールで強さを測定して、設定するのですが、一回一回測る度に違う値になり、一定しません。
15lbsに設定するつもりが、±1lbくらいあるようです。
これは、ボウスケールのせいなのか、Stan Element自体の誤差なのかどちらなのでしょうか?
また、強さ調節つまみを押さえるネジが緩んでしまうようで、強さ調節つまみ自体も射っているうちに弱くなってきてしまいます。
また、Stan以外にも同じシステムのものが出ていますが、このような誤差の少ない物、お勧めの物はあるでしょうか?
IP記録

K

  • ホワイト
  • *****
  • 投稿: 74
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #1 投稿日:: 2014/11/18 20:27:13 »

バックテンション型のリリーサーは、落とそうと思って落ちるトリガーではありません。
弓を引き続ける延長線上のどこか(かなりランダムなポイント)にシアの切れを調節して、ビクンとならないようにするのが、バックテンション型の使い方です。
測定器はグラムスケールではないのでしょうか?±1ポンドだと最大1kg近くの差が出ることになりますが・・・
もしくは、リリーサーのプルに誤差をもうけることで、タイミングのランダム性を確保しているのかもしれません。

自分は、最初始めたときはサムトリガーで、慣れてきた頃から少しバックテンションを使い、今は人差し指で引くベルト型のものを使っています。
動機は簡単で、弓が止まってくると、中心に入れたまま銃のように撃てるからです。
趣味でエアガンを、10歳の時からやっていたので、今ではかなりの精度が出せます。

リリーサーは、合う合わないの好みがどうしても出てきます。いろいろ試してみたらどうでしょうか。

ちなみに、自分が使ったバックテンションのリリーサーは、スタンのミラージュ2000というもので、かなりシビアなタイミングで落ちるものでした。
かなり使いづらかったですが、これがなければ、弓の伸びを意識したまま撃つ、ということができなかったと思います。
IP記録

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #2 投稿日:: 2014/11/19 08:48:36 »

Kさん、コメントありがとうございます。
バックテンション型の特徴はその通りで、そういう意味では、成功していると思います。
スケールはプロセレクトさんから購入したデジタルボウスケールで(ニコちゃんタイプの方です)グラム・ポンドなどの切替がありますが、
ポンドなら小数点以下2桁出ます。
ただ、その誤差が本当に製品の仕様なのか(リリーサー・スケール含め)、故障なのか知りたいのと、仕様だとするともっと正確な物があるのかないのか、故障なら直るのかどうかと言う、メーカー的な所見を知りたいなという気持ちです。
この前はCarterのリリーサーでストラップレスというものを使っていまして、インデックス・フィンガータイプではリストタイプではなく手で持つタイプなのでちょっと異質かも知れませんが、ライフルのトリガーっぽいスタイルがかっこいい!!です。Kさんには絶対お勧めかも知れません!!
でも、びくんと緩む癖は直りませんでした。
Resistance テンションタイプが自分には合っているようなので、もうちょっとこのタイプの中で試してみたいと思っています。
IP記録

K

  • ホワイト
  • *****
  • 投稿: 74
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #3 投稿日:: 2014/11/19 18:43:17 »

小数点以下2桁まで出るのなら、±1ポンドというのは測定器の誤差ではないと思います。
今リリーサーの記事を見ていましたが、セフティ付きバックテンションですね。
このタイプのリリーサーは、あえてプルに誤差を出すことで、切れるタイミングをランダムにし、完全にパンチショットを出そうというリリーサーです。
なので、±1ポンドであれば、仕様ということです。
以下、Youtubeにあった紹介動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=jJP15Dre7TE
IP記録

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #4 投稿日:: 2014/11/19 20:24:19 »

このyoutubeは購入する前にチェックしています。
ここで使っているHOYTのボウスケールって発売中止になっているみたいです。
自分のボウスケールをこのビデオのように使うと、表示がエラーになってしまいますので、ぎりぎりトリガーが落ちる瞬間を目視で確認しています。
これを見ると、全く迷いなくポンド数を設定しているし、誤差云々のコメントもないのですが、
誤差が多いという設定があるならば、最初からそう言ってくれたらよかったのにな・・・と言うのが感想です。
本体の説明書にも、メーカーのHPにも記述は見当たらないです。
でも、リリーサーとしては自分に合っていると思っているので、愛用していきたいと思っています。
ところで、ヒンジタイプのバックテンションリリーサーやサム・トリガータイプでもシュートタイミングの調整の出来る物が売っていますが、
それも誤差はあるのでしょうか??
IP記録

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #5 投稿日:: 2014/11/19 20:28:27 »

なんだ、カーターのトピに同じ機構のEvolutionPlusの事が書いてありましたね。
気がつきませんでした。
HOYTのボウスケールで測って、やっぱり誤差が大きいって。
すっきりしました。
IP記録

Greenleaf

  • ブルー
  • **
  • 投稿: 6
  • Self-taught Archer
    • プロフィールを見る
バックテンション事始
« Reply #6 投稿日:: 2014/11/22 10:19:37 »

わたしもいよいよバックテンション・リリーサー(MOREX)に挑戦です。
近射したらいきなり暴発 。しばらくはロープでリリースの練習です。道のりは長そうです。
IP記録
***Greenleaf***

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #7 投稿日:: 2014/11/22 15:23:55 »

Greenleafさんこんにちは
 自分のはResistance テンションタイプ:一定のポンド数以上になると自動的にトリガーが落ちるので、ピークウェイトを乗り越えてホールドに入るまでは安全装置をかけておく:ので、一応暴発はありません。(といっても、初期ロックをきちんとしないと暴発することがあります)

 stanのMOREXはヒンジタイプのバックテンションリリーサーですよね。
MOREXには練習用のネジが付いているみたいなので、僕も、もし買うならStanのヒンジタイプが良いのかなと考えていました。
もしくは、安全装置のある物がいいのかなって・・

僕もヒンジタイプをちょっとお借りしてみたことがあるのですが、やっぱりすぐに暴発!
近射で慣れてきてから的に向かったら、全然リリーサーが切れませんでした。
何処まで回転させれば切れるのかがよく分からなくって、無理矢理回転させようとしてしまって・・・
発射タイミングを調整する(リリーサーの回転量を変更する)つまみってあるんですか?
IP記録

K

  • ホワイト
  • *****
  • 投稿: 74
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #8 投稿日:: 2014/11/22 16:04:16 »

先述したスタンのミラージュ2000は、シア(噛み合い)の幅を調節できる機能がありました。
ヒンジタイプのものであれば備えている機能だと思いますが。

そもそも、切ろうとして切ることができるのであれば、バックテンションよりもサムトリガー、もしくはベルクロタイプのものがオススメです。
バックテンションタイプは総じて、自分のタイミングで切るものではないので。
IP記録

Greenleaf

  • ブルー
  • **
  • 投稿: 6
  • Self-taught Archer
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #9 投稿日:: 2014/11/22 20:09:17 »

MOREXは発射のタイミングをネジで微調整できます。
トリガータイプではターゲットパニックが起こるので、なんとかバックテンションタイプを使いこなしたいと思います。
IP記録
***Greenleaf***

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #10 投稿日:: 2014/11/23 00:07:23 »

考えてみると、consistencyと言う面では、このタイプは一番不確定要素が多いような気がしてきました。

やっぱり、ヒンジタイプも試してみようかなぁ・・・・
IP記録

Greenleaf

  • ブルー
  • **
  • 投稿: 6
  • Self-taught Archer
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #11 投稿日:: 2014/12/07 12:31:20 »

MOREXで近射練習を続けています。徐々に使い方のコツがつかめてきました。機構上、リリース時にピクリやユルミなどが発生しないトリガーレスは、なかなかすばらしいリリーサーであることが実感できてきました。ただ、いつ発射されるかわからないため、リリースの瞬間はかなりビックリします。そこで、フックを「クリッカー付き」に交換してみたところ、かなりイイ感じです。
ドローイング時にレストダウンして引き戻すときには、暴発させないように細心の注意が必要です。
IP記録
***Greenleaf***

luckystrike432

  • レッド
  • ***
  • 投稿: 18
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #12 投稿日:: 2014/12/07 14:25:51 »

CARTER TOTAL CONTROLって、良さそうですね。
クリッカーが鳴るタイミング+鳴ってから落ちるまでのタイミングが別に調整できると言うこと。
コントロールできないところが良いところと言われても、リリースする度に、びっくりするのってメンタル上よくないですね。
結局、そのコントロールできないと言うことの幅が上級者になるとより小さくなるのでしょうか・・・

今のリリーサーは結構良いかなと思っていたのですが、上級者の方から、
引き手の手首の形やバックテンションの使い方がまだまだと、だめ出しされてしまいました。
それで、良いときと悪いときの差が大きく出ちゃうらしいです。
でも、今使っている弓のドローイングレングスも若干合っていないようですね、とも言われ、いろいろと悩みがつきません・・・
自分も、室内で、ビデオを撮りながら近射をしてフォーム改良などに取り組んでします。

実は、新しい弓も注文中なので、あと2ヶ月はこのまま練習してみようと思っています。
ショップで試射できるリリーサーもあるみたいなので、弓の受け取りの時にいろいろ試してみようと思っています。
IP記録

Greenleaf

  • ブルー
  • **
  • 投稿: 6
  • Self-taught Archer
    • プロフィールを見る
Re:Resistance テンションタイプについて
« Reply #13 投稿日:: 2014/12/11 22:24:08 »

少し時間が取れたので、MOREXで30mを射ってきました。
やはり的に向かうと近射のようには切れず、ホールディング時間が非常に長くなってしまいます。
30射もしないうちにぐったり疲れました。
ただ、トリガータイプのリリーサーより明らかにグルーピングするので、あとは練習あるのみですね。
IP記録
***Greenleaf***
ページ: [1]   最上部へ