PRO Select Project Archery Forum

Please login or register.

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
詳細検索  

お知らせ:

バージョンアップしました。ごゆっくり、お楽しみください。

ページ: [1]   最下部へ

投稿者 スレッド: 完成矢の作り方  (参照数 12512 回)

archer

  • アーチェリーを愛するすべての人に・・・
  • ゴールド
  • *
  • 投稿: 46
  • I love Archery
    • プロフィールを見る
    • a-rchery DOT com
完成矢の作り方
« 投稿日:: 2011/03/14 18:22:10 »

※「プロセレクト/アヴィア」の「矢の作り方」を簡単にご案内します。

http://www.a-rchery.com/ac08.html
まずは、↑こちらの「矢の作り方」のページをご参照ください。
概略はお分かりいただけると思います。

それに加えて、「プロセレクト/アヴィア」のシャフトは「オールカーボンシャフト」であり、アルミチューブをコアにしているシャフトではありません。そのため、次の点もご注意いただければ助かります。
http://www.a-rchery.com/arrow28.htm
  ↑
「オールカーボンシャフト」の生産方法については、予備知識としてこちらをご覧ください。

そのうえで、

■お送りするシャフトは、カットをご希望されていない場合、フルレングスの状態でお送りします。フルレングスでお使いの場合であっても、シャフトカッターによって両端を数ミリずつ切られることをお薦めします。
■カットを希望された場合でも、両端をカットしてありますが、基本的に「バリ取り」「面取り」は一切行っていません。
http://www.a-rchery.net/html/cut.htm
どちらの場合も必ず、細かいサンドペーパーを使用して、切り口をきれいにしてください。特にカット面の角を少しなぜるように削って、角を落としてください。
シャフトに前後の決まりはありません。どちら側にポイントが取り付けられても構いません。

■「ポイントの取り付け」 オールカーボンシャフトの場合、ポイントはバイターノック(アウトタイプ)同様に、シャフトにかぶさる(シャフトの一部がポイント内に挿入されるタイプになっています。
そのため、ポイントもノックもシャフトにかぶさる長さを考慮してシャフトカットを行ってください。
http://www.a-rchery.com/pspoint.htm
ポイントの仕様(長さや重さ)は↑こちらをご参照ください。
なお、ピンを折る場合(重さ調整)は、必ず折りたい部分の近くを両側ともにプライヤーで押さえて折るようにしてください。

手順としてはポイントを取り付けた後でノッ クを取り付けることをオススメします。シャフトの中の空気がポイントを押し 出そうとするからです。
接着剤(ホットメルト)は、ピンが短いときは特にそうですが、長い時であっても必ず加熱しながら少し流れ出すくらいで回転させながら挿入してく ださい。
ただし、シャフト(カーボン)に直接炎を当てたり、温度が上がり過ぎないように注意してください。
ポイント挿入後は、ある程度押え続けないとポイントがシャフト内の空気で浮いてくることがあります。ある程度温度が下がって固定されてから、力をゆるめないでください。

※ポイント部分の挿入時にシャフトのカーボン繊維がささくれてポイント外に出ることがあります。変な言い方ですが、これは気にしないでください。完全に接着剤が 硬化してから、カッターナイフでポイントの縁にそって切り落としてください。
使用上、耐久性を含め問題はありません。

■「ノックの取り付け」 ポイントを付けた後で、奥まで押し込んでください。 もし緩い場合は、フレッチタイトをほんの少し指の腹に付けて、シャフトに皮膜を付 けます。そしてこれが乾いてからノックを挿入してください。硬
すぎれば、爪で皮膜を剥がしながら硬さ(きつさ)を調整します。逆に硬すぎる場合は、細かいサンドペーパーで挿入部分のシャフトを少し削ってやってください。(製造ロ
ットによっ て、少しキツイ場合や、ゆるい場合があります。)
http://www.a-rchery.com/frames3.htm
バイターノックは、取り付ける方向が決まっています。ストリングにつがえる時に、ノックに書かれているBeiterの文字が上側にきます。
http://www.a-rchery.com/beiternock.htm
「HTノック」をお使いの場合 は、少し間に余裕がありすぎることがあります。これは練習用のノックですので、この場合は「フレッチタイト」等でノックを完全に固定してお使いいただくのも方法です。

■「ハネ貼り」 接着剤は「フレッチタイト」などのアーチェリー用のものをお使いください。
ただし、接着剤の種類に限らず、接着時にはシャフト表面とハネの接着部分を必ず脱脂されることと、シャフトの表面をサンドペーパーで少しだけ荒らすようにしてください。
フレッチングテープを使われる場合(フィルムベインをお使いの場合でも)でも、必ず脱脂と荒らしは行ってください。そうしないと接着力が低下します。(ハネ側の接着面も必ず
脱脂してください。)

バイターノックの場合、形状が非対称となります。「ノックアダプター」を使われることをオススメします。(使われないと、少し角度が均等でない場合があります。)
フレッチャーはノックアダプターを使われる場合、クリップ部分がノックに当たってしまうことがあります。その時は、適当にクリップをやすりで削ってお使いください。
ハネの取り付け角度は昔と違ってシャフトが細いだけに最初のセットが重要です。目盛りに頼らず、シャフトの中心に対してまっすぐ付くように調整してください。
ピッチはほとんど付ける必要はありません。(ピッチを大きく付けると、シャフトが細いので接着面が浮いてしまいます。)


■脱脂等にはシンナー、アセトンなどの有機溶剤は決して使わないでください。アルコールかベンジンをお使いください。
■矢は消耗品です。使用頻度や使い方によって劣化や傷みが発生します。ご理解、ご注意ください。

このシャフトは曲げてみるとわかりますが、折ろうと思っても折れません。使っていて曲がってくることはありません。安心してお使いください。
なお、ポイントの取り替えはシャフトの挿入口が傷むため、あまりお勧めできません。よろしくお願いします。
(※ ヒビやササクレのある矢は決して使用しないでください。また、使用時には毎回 これらのことを点検するようにお願いします。)

以上、よろしくお願いします。
頑張ってください!!
http://www.a-rchery.com/ac03.html
IP記録
>>>---- 管理人です。------>

Papoyung

  • ブラック
  • *
  • 投稿: 2
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
    • Sbobet
Re:完成矢の作り方
« Reply #1 投稿日:: 2015/01/27 17:47:30 »

I can not explain to my understanding.
« 最終編集: 2016/08/26 13:43:43 by Papoyung »
IP記録

beachocean

  • ブラック
  • *
  • 投稿: 2
  • Archery Frend
    • プロフィールを見る
    • link maxbet
Re:完成矢の作り方
« Reply #2 投稿日:: 2015/09/07 14:21:43 »


It is something that everyone should do it. And should do well in what is right.
IP記録
ページ: [1]   最上部へ