a-rchery DOT net


We Love Archery


「アーチェリーどっとネット」では、つぎのようなサポート、サービスをご提供しています。

アーチェリーどっとネットの「会員登録」について

  •  「会員登録」には2通りの方法があります。

    ■「購入方法」にあるように、初めてのお買い物を進めていただけば「会員登録」の画面があります。初めての商品購入に伴って、「会員登録」ができます。(会員登録を行わずに、購入することもできます。)
    ■ページ上部にある「会員登録」から会員登録を行うことができます。これは商品購入とは別に行えます。(登録後の商品購入時には、そのデータが利用できます。)

    会員登録を済ませた方は、ページご訪問時に「ログイン」画面から「会員ID」「パスワード」を入力いただくことで、会員画面での閲覧ができます。また、「メイルマガジン」をご希望の方には、新着商品等のご案内をさせていただきます。
    会員画面では、「注文履歴」「情報変更」「会員削除」「会員窓口(メイル送信)」などが利用できます。
    商品購入にかかわらず、ぜひ会員登録をどうぞ!

お買上の矢(シャフト)のカットについて

  • 弓や矢のセッティングやチューニングはもちろんのこと、アーチェリーどっとネットでは自分の道具は自分で扱えるように協力させていただいています。
    その中の1つが「矢」を作ることです。矢は弓以上に個人個人によって種類や長さ、重さが異なります。そのため競技に出るレベルになれば、自分だけの矢を持つ必要が出てきます。矢を自作すること自体はそんなに難しいことではありません。ただし、多少の道具が必要です。道具自体はそんなに高価なものではありませんが、唯一シャフトを切る「アローカッター」だけは、個人で持つには少し高い買い物になるかもしれません。
    そこでアーチェリーどっとネットでは、お買上のシャフトや矢についてのみ、ご希望であれば無償でカットさせていただきます。ご遠慮なく、ご相談、ご依頼ください。

  • 詳しくは、こちらをご覧ください。

矢のサイズ(硬さ・スパイン)は何がいいですか?

  • この種のご質問をたくさんいただきます。
    そこでまずこちらをご覧ください。
    これをご理解いただいたうえで、あくまで個人的雑談としてお答えできることは、お答えしています。しかし100人のアーチャーがいれば、100種類の射ち方、フォームがあり、すべて技術も異なります。それはたとえ同じ長さの矢、同じ強さの弓を使っていたとしてもです。結局は自分に合った道具を探さなければなりません。
    そこには他人の意見を参考にすることも重要ですが、ある程度の「授業料」と「経験則」が不可欠になってきます。ぜひこのことをご理解のうえで、ご質問いただければ幸いです。またその時は、単に弓の強さと矢の長さだけを伝えるのでなく、身長や体重、キャリアや年齢、目的や目標などなど、少しの背景をお教えいただければ、お話もしやすいと思います。
    よろしくお願いします。

質問やお問い合わせ、ご要望などについて。

  • お気軽に右上にあります「お問い合わせ」のフォームからメイルをお送りください。
    フォームはお問い合わせの内容によって分かれています。まずはこちらから、お願いします。
    また、弓具その他の質問で、皆さんにお聞きしたいことがあれば、
    アーチェリーフォーラム
    こちら↑をご参照いただき、お気軽にご利用ください。

アーチェリーどっとネットでは、皆さんの「自作」を応援します。

  • アーチェリーという競技は、弓と矢以外に結構たくさんの小物類を必要とします。それは弓や矢に取り付けるものだけでなく、アーチャー自身の身体に付けるものも含めてです。そんなたくさんの道具ですが、実際ある程度のレベル以上になると、それらの道具を市販されたそのままの状態で使用することは稀になってきます。
    例えば手の大きさ1つをとっても、みんな違う大きさ、カタチであり、それらがS・M・Lサイズにピッタリ収まるとは限りません。そこでちょっとした細工や加工が必要になってきます。あるいはそんな経験則を積むために多額の授業料を払うことも簡単ではないかもしれません。市販品より自作品の方が安くて、自分に合う場合もよくあることです。
    というわけで、アーチェリーどっとネットでは、みなさんの努力を応援します。
    アーチェリーどっとコム
    作ってみよう」や「動画」のページなどを参考に、分からないことはお気軽にお尋ねください。

「中古品」の扱いや販売について。

  • アーチェリーどっとネットでは、当店で購入された有無にかかわらず、基本的には「中古品」の取り扱いは行っていません。
    ただし、多くの皆さんが、ご覧になってお分かりのように、こちらのページもご利用されています。
    もし必要のある場合は、自己の責任においてご自由にご活用ください。


Make Arrow Self Made
Victory PSE

 ページの先頭へ戻る